上野クリニックの特徴・術式・口コミ・料金の詳細解説

上野クリニックは、包茎手術専門のクリニックです。全国に15拠点を展開し、グループ全体の年間施術件数は約15000人にものぼります。

そんな上野クリニックの最大の特徴は、実績豊富な包茎専門のクリニックで真性包茎手術とカントン包茎手術がリーズナブルに包茎手術を受けられる点

このページでは、上野クリニックの基本情報を中心に、特長、料金プラン、施術方法、メリットやデメリットなどを紹介します。

上野クリニックの特長

上野クリニックの特長は、 施術実績豊富な 包茎手術専門のクリニックで、真性包茎とカントン包茎の手術がリーズナブル価格で受けられる点です。

包茎クリニック選びの基本として、

  • 包茎手術専門のクリニック
  • 包茎手術の年間施術実績数が多い
  • 自分の受けたい手術の費用コスパが良い
  • ある程度運営年数のあるクリニック

というポイントを多く満たしている必要があります。

真性包茎やカントン包茎の方にとって、上野クリニックは上記4つとも満たしている他に類を見ない包茎クリニックだということが言えます。

上野クリニックの手術費用について

次に上野クリニックの包茎手術費用についてみていきます。

包茎タイプ 施術料金 術式 特徴
包茎手術 真性、嵌頓、仮性 72,000円 環状切開術 医者がメスで切開。亀頭直下から少し下の位置で縫合。吸収糸希望の場合+28,000円
美容手術 真性、嵌頓、仮性 182,000円 亀頭直下埋没術 医者がメスで切開。亀頭直下で縫合。吸収糸希望の場合+28,000円

上野クリニックの包茎手術は、72,000円(税別)で、真性包茎、仮性包茎、嵌頓包茎、いずれのタイプもこの料金で手術を受けることができます。

「術式」または「縫合糸」の違いで料金が異なる

上野クリニックでは、手術の際に使用する糸を患者が選ぶことになります。

注意点としては、長かった包皮を適切な長さにカットした後縫合するのですが、その際に「ナイロン糸」を使用するか「吸収糸」を使用するかで料金が変わってきます。

ナイロン糸だと72,000円のままですが、吸収糸を希望する場合、手術費用は100,000円になり、糸の違いだけで+28,000円の割増料金になります。

両者の違いは、

  • 施術後に抜糸が必要(ナイロン糸)
  • 施術後に抜糸が不要(吸収糸)

という点。

ナイロン糸で問題ない

吸収糸を選んだ場合、抜糸不要ということで手間がかからない点でメリットはありますが、抜糸のタイミングを選べません(糸が取れるまで待つ必要がある)。

他方、ナイロン糸を選んだ場合、確かに抜糸する必要があるので再来院の手間はかかりますが、クリニックのアフターサポートに従いながら、適切なタイミングで抜糸を行うことができます。

「仕事が忙しすぎて、わざわざ再来院なんてしたくない」など特段の事情がない限り、ナイロン糸を選ぶと良いでしょう。

料金を上乗せしてまで吸収糸にするメリットはありません。

仮性包茎手術はABCクリニックが最安

少し話は変わりますが、「ABCクリニック」という上野クリニックと人気を2分するクリニックがあります。

注目すべきは、仮性包茎手術に関しては、ABCクリニックが群を抜いて手術費用が安い点です。

クリニック名 包茎タイプ 手術料金 術式 特徴
上野クリニック 仮性包茎 72,000円 環状切開術 医者がメスで切開。
ABCクリニック 仮性包茎 30,000円 環状切開術 CS術(クランプを使って切開)キャンペーン適用時の料金

このように、仮性包茎手術に関してはABCクリニックの方がはるかに安いので、仮性包茎でコスパ重視の方は、ABCクリニックを中心に検討すると良いです。

上野クリニックが行っている「環状切開術」と「亀頭直下埋没術」の詳細

上野クリニックを選ぶ上で重要になるのが、「環状切開術」と「亀頭直下埋没術」の術式、いずれかを選ぶことになります。

  • 環状切開術・・・72,000円
  • 亀頭直下埋没術・・・182,000円

と料金にも大きな開きがありますね。

上野クリニックの公式サイトを見ると、通常の包茎手術を「環状切開術」、美容治療手術を「亀頭直下埋没術」と表現しています。

両者にはどのような違いがあるのか、詳細について説明していきます。

上野クリニックが行っている「環状切開術」の特長

環状切開術とは、包茎手術の術式の1つで、簡単に説明すると、余剰分の包皮を切除後、陰茎の亀頭直下寄りの任意の箇所に縫合する施術の事。

上野クリニックの「環状切開術」は、全てドクターがメスを用いて手作業で行います。

クランプという器具を使って環状切開術を行うクリニックもありますが、上野クリニックは全ての手術がハンドメイド行われます。

一般的に、クランプを用いるよりも、熟練のドクターがハンドメイドで切開したほうが、施術箇所が自然に仕上がると言われているため、若干費用が高くても好まれる傾向にあります。

「環状切開術」のメリットとデメリット

環状切開術で手術した場合、裏スジ(包皮小帯)はもちろんの事、包皮内板も残るため、大事なペニスの性感帯を可能な限り多く残せるというメリットがあります。

ただし、残った包皮内板の色(サーモンピンク)と包皮外板の色(焦げ茶色)が陰茎上で繋がることから、「ツートンカラーが気になる」というデメリットを指摘する意見もあります。

上野クリニックが行っている「亀頭直下埋没術」の特長

もう一つの術式である「亀頭直下埋没術」ですが、これは簡潔に言うと、余剰分の包皮を切除後に陰茎の亀頭直下に縫合する施術のことです。

「環状切開術」との違いは、縫合箇所が陰茎の「亀頭直下」か「陰茎の亀頭直下近く」かの違いです。

亀頭直下のラインにキレイに縫合するため、ミリ単位の正確な切除スキルが要求されるため、その分手術費用は割高になります。

「亀頭直下埋没術」のメリットとデメリット

亀頭直下埋没術で手術した場合、包皮内板を全て取り除き、陰茎上の皮が包皮外板だけとなります。

内板と外板の色の違いがない(ツートンカラーにならない)ことから、「自然な仕上がり」という観点でメリットを感じる人が多いです。

ただし、「包皮内板」を取り除くことから、内板は性感帯だと捉えている人からは、セックスやマスターベーショーン時の気持ち良さを考えると、内板を残す「環状切開術」の方に分がある、と指摘する声もあります。

あと、「環状切開術」よりも「亀頭直下埋没術」の方が、手術費用が高いため、料金面でのデメリットはあります。

結局、どの包茎治療を受ければいいのか

ここまで見た通り「環状切開術」と「亀頭直下埋没術」はトレードオフの関係で、メリットとなる点がそれぞれで異なります。

どちらを選べばよいかですが、自分にとってメリットが大きい(デメリットが少ない)と感じる術式を選ぶのが良いと思います。

どちらの術式も、「包茎ではなくなる」という点において、違いはありません。

コスパ最優先なら、72000円の「包茎手術(環状切開術+ナイロン糸)」を選べばいいと思いますし、お金をかけてもツートンカラーは阻止したいというのであれば、182,000円の「美容手術(亀頭直下埋没術+ナイロン糸)」を選べばいいと思います。

内板を取ることで、感度が落ちることが心配だという人も、72000円の「包茎手術(環状切開術+ナイロン糸)」を選べば良いです。

海外での割礼手術を見ると、その多くが「環状切開術」ですし、私自身もかつて「環状切開術」で包茎手術した過去がありますが、ツートンカラーとかは全く気になりません。

上野クリニックは包茎手術専門のクリニックです。

包茎手術を専門にしていない「泌尿器科」での包茎手術とは違い、どの手術メニューであっても患者の気持ちを第一に丁寧に手術してもらえるので、迷いがあるのであれば、カウンセリングを受けた上でどの術式で手術をするか決めても良いと思います。

上野クリニックの口コミや対外的評判

上野クリニックの口コミについて、「良い口コミ」「悪い口コミ」それぞれ代表的なモノをいくつかピックアップしてみました。

それぞれの口コミに対してQ&A的に管理人のコメントを入れていますので、「上野クリニック」や「包茎手術」に対するイメージを掴んでもらえたらと思います。

手術体験者A手術体験者A

一生に一度の手術なので、知名度が抜群で、施術実績が豊富な上野クリニックを選んだが、失敗やトラブルもなく、上野クリニックにして良かったと思った。

管理人管理人

包茎クリニックは数え切れないほど存在するので、迷ったら「上野クリニック」のような知名度の高いクリニックで手術するのが何かと安心です。知名度が高ければ高いほど、多くの患者が集まり、多くの「口コミ」はもちろん、外部からの厳しいチェックの目が向けられるため、必然的に良いサービスを提供するところが多くなります。

手術体験者C手術体験者C

私の住む山口県には包茎手術で有名なクリニックがないため、隣の福岡県の上野クリニックで手術を受けました。保険適用じゃないけど安心を買いたかったので後悔はない。

管理人管理人

上野クリニックには、2019年現在、東京、横浜、千葉、埼玉、札幌、金沢、名古屋、京都、大阪、岡山、広島、福岡に計15の分院がありますが、このように自分の県に分院がない場合、県をまたいで最寄りの上野クリニックで手術を受ける患者も多いそうです。

手術体験者E手術体験者E

仮性包茎手術を受けたが、ABCクリニックの方が安いと後で知った。上野クリニックでの手術で満足しているが、クランプ手術でもよかったので料金的に少し損した気分。

管理人管理人

確かにABCクリニックの仮性包茎手術(環状切開術・CS術)はキャンペーン(333プロジェクト)適用で3万円で受けられます。クランプ手術でもよかったのであれば、コスパ的にはABCクリニックで手術した方が良かったかもしれませんね。

手術体験者D手術体験者D

上野クリニックで数年前に一番安い手術を受けたが、思ったほど手術箇所もツートンカラーも気にならないので、ほっとしている。
ピンク色だった部分が、年々周りの皮の色に近づいているため、どんどん目立たなくなってきているのが嬉しい。

管理人管理人

上野クリニックで一番安い手術は72,000円の環状切開術です。「一応少しだけ内板を残したい」、「ツートンカラーはそこまで気にならない」、「泌尿器科での手術やクランプ使った手術は嫌」って方は、上野クリニックの一番リーズナブルな術式(環状切開術)を選ぶと良いと思います。

手術体験者F手術体験者F

電話受付が事務的でクールな印象を受けた。電話では話がかみ合わず不安を感じたが、手術日当日はカウンセラーやドクター、それにアフターサポートのスタッフは親切だったので結果的に満足している。

管理人管理人

問合せ窓口の応対次第で、その院に対しマイナスなイメージを持ってしまう方も多いと聞きますが、そのクリニックのドクターが電話対応しているわけではありません。クリニックに対する評価は「料金などサービス内容」、「術前の無料カウンセリング」、「医師の施術」、「アフターサポート」の総合的な判断となります。また手術に対する希望を文書で残すためにも予約は「フリーダイヤル」ではなく「問合せフォーム」でした方が良いです。

手術体験者G手術体験者G

真性包茎です。
某包茎クリニックよりも、上野クリニックの方が1万円ほど手術費用が高かったけど、昔から名前を知っているところなので、ここなら大丈夫だろうと思い上野クリニックでの手術を決断した。

管理人管理人

多少の料金差であれば、上野クリニックを選ぶという方は多いそうです。

このように、人それぞれでいろんな感じ方があります。

大事なのは口コミを参考程度にとどめ、上野クリニックのサービス内容をよく理解し、あくまでも自分が納得の上で包茎手術を受けるということだと思います。

【結論】こんな方に上野クリニックはおすすめ

最後に、上野クリニックはどんな方に向いているのか、簡潔にまとめてみます。

  • 真性包茎手術を実績豊富な包茎クリニックでコスパ良く受けたい方
  • カントン包茎手術を実績豊富な包茎クリニックでコスパ良く受けたい方
  • とにかく安心できる所で包茎手術を受けたい方
  • どこで包茎手術をしたらいいか迷っている人

上野クリニックでは手術前に無料カウンセリングを受けるのですが、そこで気が変わったり、納得できなかったり、保留にしたい場合は、手術を受けずにそのまま帰ってもいいので、納得の上で手術に臨むようにしてください。